どろあわわの人気の秘密と正しい洗顔方法

どろあわわの人気の秘密

インターネットの口コミなどで高評価を得ている商品は、自分も使用してみたくなりますよね。

 

実際に使用した人の生の意見が書かれているので信憑性がありますし、良い面だけでなくデメリットもきちんと知ることができるので、自分に合うかどうかを検討する材料にもなります。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわも、各種美容系サイトでランキング1位を獲得するほどの人気の商品です。

 

洗顔石鹸にも数多くの種類がありますが、洗顔せっけんの人気ランキングや洗顔で美肌になれるランキングで総合第一位を獲得しているのだそうです。

 

女性お笑い芸人のくわばたりえさんもどろあわわを愛用しているそうです。彼女も使用してみてそのもっちりとした泡に感激したということです。

 

お肌のくすみもとれ、ワントーン明るくなり、家族にも言われるくらいの変化だったそうですよ。今では家族みんなで使用しているのだそうです。

 

実際に使用した人の声でも、その人気ぶりがうかがえます。

 

通信販売ということで、手に届くまでは不安という人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、実際に使用してみると泡の弾力、その泡で顔を包み込むととても気持ちがよく洗顔できること、洗い上がりがさっぱりしているのにしっとりとうるおうことなど多くの人が実感しているようです。

 

また、量もたっぷり入っていてお値段もお手頃なので使い続けられるのではないでしょうか。もちろん顔だけでなく身体にも使えます。洗顔後の泡で身体を洗えるからなんだかお得ですよね。

 

成分は、国内産原料を元に、無香料・無着色・無鉱物油なので、お肌のことをきちんと考えて作られています。

 

リピーターも多いそうで、自社アンケートではこれからも使い続けたいと考えている人は94%近くになるそうですよ。

 

使ってよかったと思っている人、自分がよかったので友達にもすすめたい、と考えている人もそれぞれ86%以上になるといいますから、一度体験してみる価値はあるのではないでしょうか。


どろあわわの正しい洗顔方法

たっぷりのもちもち泡が作れたら、顔全体に泡をのせます。

 

正しい洗顔は、決して指や手のひらがお顔に触れることなく泡の弾力だけで洗うことが大切です。

 

泡の厚さははんぺんくらいをイメージすると分かりやすいようです。Tゾーンは皮脂が多いので、少し厚めに置きます。顔の中心を集中して洗いがちですが、フェイスラインや生え際などにもきちんと泡をのせましょう。

 

皮脂の多いTゾーンから洗い始めます。泡は、指の腹でらせん状にくるくるとなじませていきます。

 

内側から外側に動かしていきましょう。小鼻の横も皮脂や汚れがたまりやすいので、丁寧に泡をなじませます。ゴシゴシしないように、あくまでも泡で汚れを取るイメージで行います。

 

目の周りや口の周りはやさしく洗いましょう。

 

皮膚が薄いので、ゴシゴシしてしまうとシワの原因になります。頬やフェイスラインは、下から上へ持ち上げるようにくるくると円を描きながら洗います。

 

この時も、顔の中心から外側へ動かしましょう。

 

首筋は意外と年齢が出やすい場所です。そして、汚れがたまりやすい部位でもあります。顔を洗ったあとは、ぜひ首筋も洗いましょう。

 

手のひら全体で、下から上へ引き上げるように泡をすべらせます。

 

背中は皮脂の分泌が多いですし、ひざやひじはごわつきやすいですから、どろあわわの泡で洗うとすっきりさらにしっとりとしたお肌に導いてくれます。

 

すすぎも大切です。

 

予洗いと同様に、32度ほどのぬるま湯でしっかりとすすぎます。

 

お湯の温度が高すぎると、皮脂を過剰に落としてしまい、つっぱりの原因となります。また、泡が残ると肌荒れなどトラブルの原因になりますから、すすぎ残しのないようにしましょう。

 

フェイスラインや生え際はすすぎ残ししやすいので念入りにしましょう。

 

洗いあがったら、清潔なタオルで拭きます。このとき注意することは、こすらないように軽く押さえるように水分を拭き取るようにすることです。

 

汚れたタオルでは、せっかくの洗顔が台無しになってしまいますし、こすってしまうとお肌をいためてしまいます。

 

一口に洗顔といっても、最後まで手を抜かないことによってきれいなお肌を手に入れることができるようになるのですね。


どろあわわの汚れが落ちる秘密

洗顔の際に使用する洗顔料は、本当に色々な種類がありますね。

 

ドラッグストアはもちろん、コンビニや百円均一にまで売っている時代ですから、選択肢は数え切れないほどあります。

 

洗顔料ですから、その他のスキンケアと違って洗い流すものだし、そんなに大した役割はないと思っていませんか?

 

洗顔料でも、お肌の汚れを落とすだけではなく、しっかりと皮脂や毛穴の奥の汚れまできれいにしてくれたり、落とすだけでなくうるおいを与えてくれたり色々な効果を持つものもあるのです。

 

安くてもどのような原材料を使用しているかわからなければ、お肌に直接触れるものですから不安ですよね。

 

テレビCMやインターネットの口コミなどでも話題となっているどろ豆乳石鹸どろあわわは、安心の国内産原料を使用しています。

 

それは、沖縄で古くから美容に良いとされ親しまれている海底から採れる泥なのです。

 

マリンシルトとベントナイトという2種類の泥の力で毛穴の奥の黒ずみや通常の洗顔ではなかなか落としきれない皮脂の汚れをしっかりと吸着しすっきりきれいにしてくれます。

 

なぜそんなに汚れが落とせるのかというと、髪の毛の16分の1以下というとても細かい微粒子が毛穴に入る込むことができるからです。

 

このマリンシルトは、美容業界では「くちゃ」として今とても話題なのだそうです。

 

汚れを吸着する力がとても強く、しかし水で流すとさっと落ちるという特性があるため、顔や身体を洗うことに対してはとても優れた性質であると言えます。

 

汚れや皮脂をしっかりと吸着しますから、使用した人は一段白くまた透明感が出たと実感できるそうです。

 

またどろあわわは、その名の通り泡がもこもことして弾力があります。本当にあわあわという感じで、すぐに消えたり弾力がなくなったりということもなく、洗顔後に身体も洗えるほど豊かな泡が作れます。

 

実験でも、どろあわわの泡に10円玉を乗せても2時間もの間沈むことがなかったそうですよ。

 

泡に弾力があることによって、お肌に刺激を与えずにやさしくしっかりと洗うことができます。

 

そしてたっぷりの泡が毛穴の汚れをスポイトのように吸い取ってくれるので、毛穴もすっきりきれいになるというわけなのです。


どろあわわの洗顔後に潤う理由

洗顔をすると皮脂や汚れがすっきりとするかわりに、お肌の脂分が全部とられてしまったようなつっぱりを感じることがありませんか?

 

余分な脂が全部落ちたと喜んではいけません。つっぱり感があるということは、過剰に皮脂を落としすぎているからであって、お肌に良いことではないのです。

 

また、洗顔後のお肌は皮脂の膜が薄くなっていますから、お肌の中の水分も蒸発しやすくなっています。ですから、洗顔後はすぐに化粧水や乳液のスキンケアをすることが大切なのです。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわで洗顔すると、洗浄効果が高いにもかかわらず洗い上がりがしっとりとしていて驚きました。

 

ホームページや口コミでは確かに、つっぱらずにしっとりすると言われていますが、これに関しては疑っていました。でも実際に洗顔してみるとしっとりもちもちで、つっぱりを感じることがなかったです。

 

その秘密は保湿成分である豆乳発酵液なのだそうです。

 

大豆は女性にとってとてもうれしい効果のある食品ですよね。大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするということで、身体にもお肌にもおすすめの素材です。

 

大豆はやはり安心の国内産で、契約農家による無農薬栽培なのだそうです。厳しい管理の下栽培されているということですよ。

 

豆乳発酵液、と聞いてもあまりピンときませんが、豆乳を乳酸菌で発酵させることで分子を小さくしているのだそうです。

 

分子が大きいと、なかなかお肌には浸透しにくいのですが、小さくすることでお肌へより浸透しやすくなっているのです。

 

保湿成分は豆乳発酵液だけでなく、その効果を高めるためにヒアルロン酸やコラーゲンを配合しています。どちらもお肌にとって欠かせない成分ですよね。

 

この3つの保湿成分がお肌にぐんぐん浸透し、洗い上がりのお肌を守ってくれるので、つっぱりを感じることもなくふっくらもちもちとしたお肌に導いてくれます。

 

洗い上がりが潤うといっても、洗顔後は必ずスキンケアをしましょうね。